小松空港 アクセス

小松空港から市内中心部へのアクセス

砂時計のように中心部がくびれた形、あるいはアルファベットの「F」に似ている石川県。
石川県は隣接する福井県・富山県とともに「北陸三県」と呼ばれています。その中でも、人口がいちばん多い金沢市は、いろいろな意味で中心的な存在だといえるでしょう。

 

石川県の小松空港には、羽田空港をはじめとする国内6ルートや、ソウル・上海・台北を行き来する国際線ルートもあり、まさに北陸を代表する重要な存在です。
ここでは、小松空港から金沢市中心部へのアクセス方法についてお話ししましょう。

 

バス

金沢市中心部へは、小松空港から出ている「北陸鉄道」のバスを利用すると、途中で乗り換えることなくJR北陸本線「金沢駅」までたどり着くことができます。
市内経由ルートでは約60分かかりますが、スーパー特急を利用すると約40分ですので、金沢行を急ぐとき、また、うまくタイミングがあうと大変便利だといえます。

 

JR北陸本線

小松空港から金沢駅までは、JR北陸本線を利用する方法もあり、この場合は「小松駅」までは「小松バス」で約10分、そこから「金沢駅」までJRで約20〜40分で行けます。
このことからも、バスとJRのどちらを利用しても、金沢駅までの移動には約1時間かかることになります。

 

タクシーやレンタカー

小松空港から車を使って移動するときは、小松空港から「北陸自動車道」を利用すると、約40分で金沢駅まで行くことができます。
ちなみに、小松空港から「小松IC」まで約7分、そこから「金沢西IC」までは約19分、そして、一般道で約11分かかり、全走行距離・約35kmが目安になります。
空港から金沢駅中心部の移動には、タクシーやレンタカーが便利ですので、空港ターミナル(6:50〜21:30)、あるいは、各運営会社へ直接お問い合わせください。