小松 金沢

金沢とはこんな街

「北陸鉄道」のバスや「JR北陸本線」を使うと、「小松空港」から約1時間で移動できる金沢市は、石川県の県庁所在地でもあります。
金沢市の人口は、県内はもちろん、隣接する福井県と富山県で構成される「北陸三県」でも最も多く、北陸を代表する街として大変重要な位置を占めています。

 

また、2014年の「北陸新幹線」全線開業によって、全国各地を結ぶ街としても将来が期待されます。
ここでは、金沢市の観光やイベントに焦点を当てて、その魅力をご紹介します。

 

歴史と伝統工芸品の街

ユネスコの「創造都市ネットワーク・クラフト分野」にも登録されたことから、加賀友禅や金箔工芸品、個性的な和菓子など、「伝統的なものづくりの街」としても有名です。

 

また、福井県の「芦原温泉」にも近い「片山津温泉」をはじめ、県内に数多くある温泉も大変人気。ゆたかな山の幸・海の幸を使った会席料理も旅の疲れを癒やしてくれます。

 

金沢のイベント

毎年6月に開催される「金沢百万石祭」や「金沢城・兼六園ライトアップ」(通年)など、金沢の歴史を刻むイベントも多数行われ、多くの観光客で賑わいます。
ここでは、金沢の街を彩る主なイベントについて、季節ごとに紹介しましょう。

 

<春>
金沢市工芸展(3月)
ラ フォル ジェルネ金沢「熱狂の日」音楽祭(4月〜5月)
百万石菓子百工展(5月)

 

<夏>
金沢芸奴のほんものの芸にふれる旅(6月〜3月の土曜日に不定期開催。7月・8月・年末年始は休み)
金沢芸奴お稽古風景見学 体験学習会(7月〜8月の土曜日に不定期開催)
金沢アカペラタウン(8月)

 

<秋>
体感!金沢の旅(9月〜3月の土曜日に不定期開催)
金沢JAZZ STREET(9月)
おしゃれメッセ(10月)
金沢卯辰山工芸工房 工房祭(10月)

 

<冬>
フードピア金沢(2月)