小松 金沢 土産

金沢の人気土産って?

2014年、「北陸新幹線」が全面開業すると、金沢はより身近な存在になるため、サラリーマンのなかには、日帰りで行ける出張範囲内になる人も出てきます。
日帰りであっても泊りがけであっても家族や会社の同僚にとっては、観光地でのお土産は大きな楽しみ。
ここでは、大勢の人に渡せる荷物にならないお土産から、親しい人へのお土産についてもご紹介しましょう。

 

和菓子

金沢は、加賀藩の藩主・前田利家らが利休に茶道の手ほどきを受けていたことから、お茶や和菓子が一般にも広がりました。
金沢グルメのページで紹介したほかにも、「萬久」の豆菓子はお勧め。豆の形をした入れ物の「かわいさ」で人気があります。

 

伝統工芸品

加賀繍を使った「貝合わせストラップ」、郷土玩具の「加賀八幡起上り」、繊細な幾何学模様でアクセサリー感覚の「加賀ゆびぬき」、鮎釣り用の毛針を使った「加賀毛針ブローチ」。
実用的なものでは、「加賀水引 のし袋」や「金沢和傘」、「九谷焼」の急須なども人気です。

 

海の幸・山の幸

金沢グルメのページで紹介したほかにも、「巻ぶり」「いわしのぬか漬」「丸干イカ」、「ごりの佃煮」「ふぐの粕漬」なども酒の肴としてお勧めです。

 

地酒

全国どこへ行っても「地酒」のお土産は大変人気です。そのお店ならではの「こだわり」のお酒もあります。

 

「加賀鳶純米吟醸 藍」(福光屋)、「長生舞」(久世酒造店)、「御所泉原酒」(武内酒造店)、「有機純米酒 滉」(中村酒造)、「加賀鶴限定純米酒 前田利家公」などは720mlの瓶入り。
また、金沢駅構内にある「金沢地酒蔵」では、5つの蔵元の各銘柄酒の購入や、試飲販売機(有料 30ml 各100円)での利き酒もできます。